Information お知らせ Blog スタッフブログ

2020.05.06お知らせ スタッフブログ 

★クレンジングの種類その3★

こんにちは~(^^)/

今回もクレンジングの種類と、それぞれのメリット・デメリットについてお伝えしていこうと思います。

前回までオイルとリキッド、シートタイプ、バームにクリームのクレンジングについてお伝えしましたが

今回はジェルとミルクについてお話していきます。
ブログ画像

◆ジェルクレンジング◆
ジェル状のクレンジング。お肌に優しい水性のものやオイルが入っているタイプや
温感効果のあるホットクレンジングなど、様々なタイプがある。
~メリット~
摩擦を与えにくく、肌に優しいタイプが多い。
ジェルクレンジングだけでも様々な種類があるのでどんな肌タイプの人でも使いやすい。
洗い上がりがクリームのようにべたつくことなく乾燥しにくい。

~デメリット~
肌負担が少ない分、洗浄力が弱いものも多い。
洗浄力が高いオイル成分配合や界面活性剤配合のもあるのでこちらは敏感肌の方は注意が必要。
テクスチャーが固めの物もありその場合使いにくさを感じてしまう。

◆ミルククレンジング◆
一番お肌に優しいクレンジング
~メリット~
乾燥肌、敏感肌の方でも使える。
普通肌の方でも肌荒れしてる時などは良い。
洗い上がりがしっとりだがクリームほどのベタつきはない。

~デメリット~
洗浄力が穏やかなので濃いメイクやウォータープルーフは落としにくい。
きちんとメイクを落とし切れないと肌トラブルを起こす場合もある。
メイクを浮かび上がらせるのに時間がかかる場合がある。




以上タイプ別でそれぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。
毎日の汚れを落とすクレンジングですので自分に合ったクレンジングを見つけたいですね(*^^*)

ルミルサロンで販売しているクレンジングはジェルタイプです。
水溶性でお肌に優しいタイプですが、汚れも落としやすく始めてジェルタイプを使う方にも使いやすいクレンジングとなっております。
もちろんまつげエクステをつけていても使用できます。

まつげエクステをつけていても使用できます。

~ 薬用 セルフィボーテ クレンジング~

ブログ画像

 定価 ¥4,400 → セール価格 ¥3,520

 内容量 120g
 有効成分 グリチルリチン酸2K
 引き締め成分 ブナエキス、黒砂糖エキス
 保湿成分 モモ葉エキス
 整肌成分 プルーン分解物、加水分解コラーゲン