Information お知らせ Blog スタッフブログ

2017.10.09お知らせ スタッフブログ 

紫外線が肌に与える影響は?その6

こんにちは☆
今回は「紫外線が肌に与える影響は?」をテーマにお送りしております。
では前回のつづきです♪

【生活シーンに合った日焼け止め】

◇SPF10前後/PA+程度
   散歩、買い物、洗濯物干し、通勤、通学の日常生活など

◇SPF10~30/PA++以上
   屋外での軽いスポーツ・レジャーで太陽の下で活動など

◇SPF30~50+/PA++~+++
   リゾート地でのマリンスポーツや春スキー、炎天下でのレジャーなど

◇SPF50+/PA++++以上
   海外を含めた過酷な環境で長時間太陽光を浴びる活動など、
   紫外線に特別敏感な方など


【紫外線吸収剤と紫外線散乱剤】

紫外線を防御する成分には、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。
紫外線吸収剤とは、吸収した紫外線を熱などのエネルギーに変換して放出し、
紫外線が肌の細胞に届くのを防ぎます。

紫外線散乱剤とは、散乱剤を使って肌を覆うことで、紫外線を肌の表面で
反射・散乱させ、肌に浸透するのを防ぎます。

お肌が弱い方や肌トラブルが気になる方には、紫外線吸収剤が入っていない
タイプの日焼け止めがおすすめです。

<おすすめ日焼け止め商品>

ブログ画像
NOV UVミルクEX 35g ¥2,700
  みずみずしい感触の日焼け止めミルク。お湯でも落とせるので簡単オフ!
  紫外線吸収剤不使用。ニキビのできにくい処方です。


当サロンのフェイシャルメニュー施術のお仕上げとして、こちらを使用しております。
お試しもできますので、お気軽にご来店ください。

次回は「季節ごとのお手入れ」についてお送りします。
お楽しみに♪