Blog スタッフブログ

2017.03.30スタッフブログ 

?ニキビ肌への正しい洗顔?

こんにちは♪
今日は「正しい洗顔」についてご紹介します。

ニキビができた時に、「清潔にしなくては!」と思い、1日に何度も洗顔したりなどと、洗い過ぎてしまうのはかえってニキビによくありません。
ニキビそのものに触れる回数が増え、洗顔後は特に乾燥しがちになります。
乾燥はニキビの大敵です!!
洗顔の回数は、朝と夜の一日2回程度にしましょう。
そして洗顔後は、皮膚の乾燥を防ぐために十分保湿をしましょう。

~洗顔の仕方~

STEP:1  手を洗う

 

kihon-img-step01 (1)
  
  顔を洗う前にまずよく手を洗いましょう。

STEP:2  クレンジング
  
   クレンジング料が少なすぎると摩擦でお肌を傷つけてしまいます。定められた量を使い、
  やさしくメイクとなじませぬるま湯で流しましょう。
   オイルクレンジングはお肌に必要な油分まで落としてしまうのでNG!
   お肌にやさしいジェルタイプがおすすめです♪

STEP:3  洗顔
      
   洗顔料は定められた量で!多すぎるとすすぎ残しの原因に、少なすぎると
   十分な泡がつくれません。洗顔ネットを使用しよく泡をたてましょう。
  お湯を足しすぎてしまうと 泡の粒が大きくなってしまいので、
  泡がかたいかな?と思うときだけにお湯を 足してあげてください。
  キメ細かい泡をつくる事でよりやさしく洗う事ができます。

ブログ画像 
   泡の量はこれくらいが目安♪たっぷりの泡をつくりましょう。
   泡で顔を包むようなイメージで洗っていきましょう。Tゾーンや鼻の部分は
  軽く指があたる程度に、その他は指をあてずに 泡で洗っていくようにします。

STEP:4  すすぎ
      
  小鼻のわき・フェイスライン・こめかみ・髪の生えぎわ・あごの下は泡が
  残りやすいところです。お湯を浴びるような気持ちで時間をかけて、
   しっかりと。熱いお湯はかさつきの原因! ぬるめのお湯ですすぎましょう。

STEP:5  ふき取り
       
  顔の上にタオルをのせて手で押さえるように水気を取りましょう。
   ゴシゴシこすってしまうと皮膚を刺激して乾燥しやすくします。

いかがでしたか?これはニキビだけではなく美肌の為には必須な洗顔方法です。
面倒でも泡はたっぷりつくってくださいね♪

ではまた~(◎´∀`◎)